おはようございます。
世界のおかわりごはん 店主のフリーランスフードクリエイター で、元バーテンダーの
青山金魚です

手仕事は1分、あとは固まるのをじっと待つだけ。 夏休みもうすぐ終わりですね。お子さんと夏休みのおやつに手作りいかが?

DSC_0485



・・・・・・・・と、その前に
ランキングに参加しております。冒頭ですみませんがお手数なお願い
・・・・・・・ ☆1クリック応援して頂けると嬉しいです ・・・・・
 



・・・ 1クリックが毎日の料理、ブログ更新の励みとなります!♪ ・・・
・・・・・・・・今日の本題 ↓
ヨーグルトバーク、今夏大流行でしたね♪
作り収めに極上のレシピご用意いたしました!

オレオが甘いからヨーグルトは無糖で、差し引き甘さ控えめですっきとした後口になっております。
DSC_0472

2人分 調理時間手仕事1分 冷凍2時間
材料
・ヨーグルト(無糖・ランチアップ又はギリシャヨーグルト系のもの) 200g
・オレオ(クッキー)   4~8枚(大きさで調節)
・バナナ         1/4本
・くるみ(ロースト)   4粒

 作り方
下準備:ダイソーで売っていた、使い捨てのお弁当容器を用意
(14センチ×20センチの四角い容器)。
1:バナナはオレオと同じくらいの厚みにスライスしたり、型抜きをする。
くるみは手で砕く。

2:容器にヨーグルトを広げ、オレオを真ん中からパカッと開き、表を上にして軽く押し付けながら乗せ、隙間にバナナとくるみを軽く押し付けながら乗せる。

3:冷凍庫で2時間~冷やし固め、ナイフで適度に切り分ける。

Today's Point!
容器に、パーチメント紙を敷いてその上に流し込み作るのが一般的らしいですが、
我が家には、バットもパーチメント紙もなかったのでこちらを使用しました。

柔らかいプラスチック製なので、直接流し込み
凍らせても簡単に、ペロッ! と剥がせ、取り出せます。
DSC_0480

普通のヨーグルトは水切りをしてください。バランスランチ、パルテノ、ギリシャヨーグルト等、水分が少なくもっちりとしたタイプのヨーグルトなら水切りの面倒な手間なしですぐ作れます。
オレオは小さいので8枚、通常のは4枚程度使用します。


・・・・・・・・・・・・・

読者登録 よかったら おねがいしまーす♪

それではしーゆー 明日もみてねー。