100g138円の豚バラブロック肉をんでもなく柔らかくジューシーに食べ
1本1000円ちょっとのコスパも味も最高なポルトガルワインを堪能した。
そんな 素晴らしく美味しかった夜のレシピです。

あとは、
赤ワインをデキャンタに移すことなく、ワインの香り味わいを開かせること
ができる魔法の小道具。デキャンティングポアラー
のこととかお届けしまーす。
DSC_1618


スペインのイベリコ豚の生産地にほど近い場所で「肉料理」を楽しむ
ために作られた ポルトガルワイン ポルトティント
ラベルからしてお肉食べてーと豚のアイコンが主張してくるしてくる。

このワインに似合う肉料理を考えるの巻 ポルコティント4品目は
ポルトガルの万能調味料マッサ風の手作りに挑戦してみることから
はじめました。

マッサは、ポルトガルの家庭でもお店でも常備されている万能調味料
いわば、塩レモンのような位置づけの自家製調味料です。

赤く熟したパプリカは抗酸化力が強く美肌効果も期待できるかも かも。
そこに、今回は 金魚の肴アレンジ!

江戸時代から続く伝統調味料 塩麹でマッサ風調味料を作っちゃった!
これが めちゃくちゃ うまみ増しましましーっ美味しすぎて自分吃驚。
MASSA
豚肉にも、魚介類にもよく合うし、普段の家庭料理の味がいっきに
お店の味にンクアップしちゃうほどの美味しさなのに、作り方は簡単
是非チャレンジしてみてくださいねー

さぁさぁ。 ポルトガルワインに合う ポルトガル伝統の調味料で味付した
豚肉お料理をご紹介です。

まずは 即席簡単バージョン 塩麹マッサの作り方から・・・・・。

★ 塩麹漬け赤パプリカのペースト (マッサ風調味料) ★作りやすい分量
調理時間:15分 (漬け込み時間を除く)
材料
・赤パプリカ ・・・・・ 2個
・塩麹(手作りでも市販品でも可) ・・・ 大さじ3
・まつの実 ・・・ 6g
・オリーブオイル ・・・ 大さじ1
DSC_1599
作り方
1:パプリカの表面を黒こげになるまで焼き、アルミホイルで包み冷めるまで
 待ち、汗をたっぷりかかせてから焦げた皮をむきヘタ、種を取り除き
 キッチンペーパーで水分をふき取ります

2:1と他すべての材料をフードプロセッサー等に入れ滑らかに撹拌します

3:密閉瓶に入れラップで空気がふれないよう表面をおおい、蓋をして
 冷蔵庫で1日寝かせて完成

※正統派マッサの作り方はカットした生のパプリカに塩をたっぷり振り
 重しをして1週間水分を抜き作りますが、金魚の肴ではパプリカを焼き、
 旨味をぎゅっと濃縮させ、皮を剥いてから塩麹に漬けました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あら、簡単。 むふふ。

★自家製塩麹マッサ漬け豚肉のポルトガル国旗カラー焼き★
2人分 調理時間:10分 (漬け込み時間を除く)
材料
・豚バラブロック肉 ・・・・・ 250g
・芽キャベツ ・・・・・ 3個
・ミニトマト(黄) ・・・・・ 6個
・にんにくスライス ・・・・・ 1片分
・塩麹漬け赤パプリカのペースト ・ 大さじ1と1/2
・赤ワイン ・・・・・ 大さじ1
・オリーブオイル ・・・ 小さじ2
・レモン ・・・・・ 1/8個
DSC_1592
作り方
1:豚バラブロックを1。5センチほどの厚みにスライスしフォークで数か所
 ぷすぷすっと刺し、密閉袋に塩麹漬け赤パプリカのペーストと入れ
 袋の上から揉み込んで半日ほど冷蔵庫で寝かせます

2:フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火で熱し、香りがたったら
 中火にし、半分にカットした芽キャベツとミニトマトを炒めます
 
3:焼き目がついたら一旦取り出し、そのままのフライパンで1の肉を焼きます

4:表面に焼き目がついたらワインを回し入れ蓋をして肉に火が通ったら
  蓋を開け、2を戻し混ぜ合わせて完成 
DSC_1622
ポルトガルの現在の国旗
赤は大洋と戦ったポルトガル人先人の犠牲の血を表し、緑は希望と誠実
黄は輝かしい歴史。

ポルトガルに想いをよせながらポルコティントと愉しむ 
赤、緑、黄色を使った料理完成でーす。  ぱちぱちぱちぱちー。

「ガゼラ」「ポルコ ティント」に合う料理レシピ
「ガゼラ」「ポルコ ティント」に合う料理レシピ


 ・・・・・・・・・・・・・・・  本日の赤ワイン
ポルトガルの赤ワイン「ポルコテイント」はスペインのイベリコ豚主要産地にほど近い
場所でつくられたワインです。
DSC_1632
ポルコティント(PORCOTINTO) 肉のうまみを味わうための赤ワイン
ネーミングの由来:ポルコ=ポーク ティント=赤の意。
パッケージデザイン:特に豚肉と会うことをストレートにイメージできるアイコンと
しっかりとした味わいをかんさせるグレー基調のラベル。

中味:肉食系のワイン
豊かな果実味の中に食欲をそそるスパイシーさがあり
肉の甘さとあう、程よいタンニンとまろやかな味わいがあります。

品種:トリンカデイラ80% アラゴネス40% アルフロチェイロ10%
格付:I.G.P アレンテジャーノ ポルトガル
vinho regional alentejano 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・ 味わいと香りをしっかりと開かせて楽しみましょう
ポルコティントに
デキャンティングポアラーをセットし、十分に空気を含ませながら
グラスに注ぎます。 こうするとボトルからグラスへワインが直行しても
デキャンタ不要で閉じている香りと味わいをひらかせることが出来るのです
DSC_1612
十分空気を含んで開花した ポルコティントは、飲み心地深く
果実味感としっかりとした深みと味わいで え!?この価格でこの味?
と、本当にびっくりしました。

肉の甘味とも相性抜群で、また肉料理をする時はスーパーと酒屋さんで
肉とポルコティントセットで買ってこよーっ♪
と、なんだか 頬が緩んでしまうのでした

あーーーー。ワインもお料理も美味しかったわー!っと夫と友達にも喜んで
もらえて嬉しウレシ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

朝も夜も素敵な毎日 ↓ ぽちぽちーと連打して頂けるとすごく励みになります
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本日の参考 我が家はこれ使ってまーす
最初プレゼントで頂き、ずっと愛用していて今3個目


・・・・・・・もうひとつのお知らせ



・・・・・・・・・